キャリア・教育
-
2019.10.18

米国人の2割は定年退職せずに働き続けたいと考えている

(画像=James Kirkikis/Shutterstock.com)
(画像=James Kirkikis/Shutterstock.com)
モトリーフール米国本社、2019年7月13日投稿記事より

多くの米国人は定年退職して、その後の生活を楽しみにしているでしょう。

しかし、米国人の23%は、退職を考えていないと答えています。

それどころか、AP-NORC Center for Public Affairs Researchの最新世論調査によれば、彼らはずっと働き続けたいと考えています。

働き続けることのメリット

仕事は給料以外のメリットをもたらします。

多くの人にとって、仕事は身体活動の手段だけでなく、社会とのつながりの維持に役立ちます。

これら両方を失うことで身体に悪影響を及ぼす可能性があります。

実際に、定年退職した人は働いている人よりもうつ病になる可能性が40%も高いと言われています。

したがって、働き続けることで心身共に健康を保てるでしょう。

とはいっても実際には働き続けることは困難です

しかし、ずっと働き続けることは実際には難しいかもしれません。

健康上の問題から仕事を辞めなければならないかもしれません。

また、仕事を解雇され、別の仕事を見つけるのに苦労するかもしれません。

実際、Voya Financialによると、定年退職者の約60%が早期退職を余儀なくされています。

貯金の重要性

人生の計画として一生働き続け、定年退職しないと考えているにしても、計画通りにいかないことを想定して貯金をしておくべきでしょう。

ある程度の金額を毎月貯金し続けるといいでしょう。

例えば、毎月4万円を貯金し、年間平均7%のリターンでその貯金を投資した場合、25年間で3,040万円を得ることができます。

もう1つ覚えておくべきことは、年齢が上がるにつれ、仕事をする能力が低下していく可能性があることです。

しかし、だからと言ってパートタイムで仕事をすることができないという意味ではありません。

働き続けることにはメリットがあります。

そして、もし退職金を貯めていなければ、それは必要なことかもしれません。

しかし、働き続けることを前提とした生涯設計に頼りすぎてはいけません。

バックアップの計画も持っておくようにしましょう。

文・The Motley Fool Japan編集部/The Motley Fool Japan
 

>>その他のおすすめ記事
年収1,000万の生活は思ったより地味?年収2,000万円の壁とは
親御さん必見!2020年教育改革で変わること
独身・年収1,000万円、資産もそこそこ。「お金の悩みは無い」人が考えるべきこと
あなたがTOEIC800点を超えられない理由
中高生にプログラミング力を付けるために親ができること

関連記事