キャリア・教育
-
2019.8.12

マインドフルネスの起源、座禅を取り入れてビジネス力を鍛えよう

(写真=Tonktiti/Shutterstock.com)
(写真=Tonktiti/Shutterstock.com)
ストレスの軽減や集中力の増加が期待される「マインドフルネス」は、グーグルやフェイスブックなど、さまざまな企業で実践されています。マインドフルネスの起源は、「仏教の禅」といわれています。そこで本稿では、禅とは何かを探りつつ、瞑想や座禅ができる施設をご紹介します。

マインドフルネスがIT企業で人気

マインドフルネスは、心が穏やかであり「注意深くさまざまなことに気づいている状態」、すなわち集中力が続いている状態を示します。そのためビジネスでも役立つと、多くの企業が研修などに取り入れているのです。

マインドフルネスの起源「仏教の座禅」と「瞑想」の違い

(写真=eldar nurkovic/Shutterstock.com)
(写真=eldar nurkovic/Shutterstock.com)
マインドフルネスの起源といわれている仏教の座禅とは、どのようなものなのでしょうか。座禅を知るには、まず「禅」について説明する必要があります。禅とは物事の真実の姿であり、日常的に穏やかであるために心を整えることです。そして曹洞宗における座禅とは、何か目的があり、それを達成するために行うのではなく、その姿そのものが「仏の姿」「悟りの姿」と考えられています。

一方、マインドフルネスは「集中力を高めたい」「リフレッシュしたい」などの欲求や目的のために行います。しかし禅の世界では、欲や目的を設定しません。無心で行うことで、結果的にリフレッシュとなり、集中力が高まると考えられています。

その意識の持ち方がマインドフルネスの瞑想と、座禅の決定的な違いといえます。

そのためビジネス力を高めたい場合に行うならば、マインドフルネスとしての瞑想がいいでしょう。無の境地を体感したい場合は、座禅を組み己と向き合ってみてはいかがでしょうか。

マインドフルネスの「瞑想」ができるスポットはどこにある?

国内には、マインドフルネスの瞑想ができるスポットがいくつかあります。

都内で瞑想する

新宿駅徒歩6分の場所にある日本初のマインドフルネス専門のスタジオ「マインドフルネス瞑想スタジオSri(シュリ)」では、瞑想の講座が開かれています。ほかにヨガ教室などでも、マインドフルネスの瞑想を取り入れたレッスンを行っているところがあります。最寄りのヨガ教室に問い合わせてみましょう。

リゾートで整える

山梨県にある「保健農園ホテルフフ山梨」では、マインドフルネスの理論を取り入れたプログラムを実施しています。プログラムの中には座禅やマインドフルネスヨガなどのほか、農園づくりクッキングなどもあり、自然を感じながら心身ともにリラックスできる環境が整っています。リゾート地で心と身体をリフレッシュさせて、忙しい日々に備えてみてはいかがでしょうか。

座禅が組めるスポットを紹介

(写真=johnmoorefour/Shutterstock.com)
(写真=johnmoorefour/Shutterstock.com)
一般の人でも、お寺で座禅を組むことができます。最後に、座禅ができるスポットをいくつかご紹介します。

お寺で座禅を組む

座禅を行っているお寺は全国各地にあります。曹洞宗公式ポータルサイト「曹洞禅ナビ」では、座禅ができるお寺を探せます。臨済宗・黄檗宗(おうばくしゅう)の公式サイト「臨黄ネット」でも座禅会情報一覧が掲載されているので参考にしてください。

施設で座禅を組む

また臨済宗妙心寺派が禅の普及のために作った「東京禅センター」では、座禅体験を実施しています。曜日や時間によって禅に関する講座なども開催されているので、気になる講座があればチェックしてみてはいかがでしょうか。

学校で座禅を組む

曹洞宗系の布教活動を行う「Shojin-Project」は、駒沢大学(東京都世田谷区)の座禅堂で「駒沢坐禅教室」を実施しています。

また学校法人駒澤学園(東京都稲城市)は、毎年12月に1週間、「摂心会(せっしんえ)」と呼ばれる早朝座禅会を開催しています。7時40分から8時10分までの間、駒沢学園女子中学・高等学校の体育館で実施されており、毎年多くの参加者が訪れています。
 

こちらもおすすめ
海外セレブが「瞑想」にハマる理由 ミランダ・カー、ジェシカ・アルバ…
忙しい人ほど取り入れたい、マインドフルネスの方法と効果

難しく考えないで、瞑想&座禅をはじめてみよう!

瞑想や座禅を行うと呼吸が整い、思考が整理されやすくなります。まずは5分ほど落ち着ける場所に座って目を閉じ、深呼吸をしてみましょう。慣れてきたら15分ほど時間をとってみます。日常的に行うことで精神の安定も保たれることに気づくでしょう。ストレス軽減やビジネスパーソンの生産性向上にも効果があるとされているので、ぜひ日々の生活に瞑想や座禅を取り入れてみてください。
 

【おすすめ記事】
「お金持ちは長財布」はもう時代遅れ?
日本は借金大国?世界の債務残高はどのくらいのか
ビジネスセンスが現れる!差がつく「手土産」3選
サービスで選ぶエグゼクティブのカード
プラチナカードの審査の仕組みとは

NEXT 絵画や写真の個展に招かれたときの作法 PREV 「追い詰めない」叱り方 新人マネジメント6つのポイント

関連記事